EIJI KIKUCHI official website

PEACE-MAKER

ドームありがとうございました。(え?ダジャレ?)

皆様、大変ご無沙汰しております。お久しぶりでございます。

↑ ↑ ↑ という言葉がこのブログの定型句になっていますね…。
そろそろデフォルトで自動入力されるように設定しておきますかね。。。

さて、2017年も残すところあと何時間かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば、ご存知の通り東京ドーム2公演とメカラウロコ28を終えまして、ようやく落ち着いたところです。

ってか、一昨日は家に戻ってしばらくボーッとしておりました(苦笑)
まあ、身体的にある程度疲労していたのもありますけれど、やはりドーム3公演をやり終えた事によって気が抜けたっていうところが大きいでしょうね。もちろんそれと同時に安堵感と、そして他では得られない大きな満足感と充足感も感じてはいますが。あとはまあ、久しぶりにアルコールを摂取して夜更かししたってのもあるかもですけれど…。


今年の上半期はわりと水面下の下(笑)で、そして下半期は怒涛の活動でしたけれど、個人的にはやはり12月のドーム3公演に焦点を当てて活動してきた部分が大きいです。

バンドとしては「〜IS HERE」や「ロザーナ」のレコーディング、ツアーの準備を始めながら「Stars」録ったり、初めてのFCツアーでアコースティックをやってみたり、などなどとまあ結局は色々とありましたが、個人的にはその延長線上に常に年末のドーム公演を見据えているというかそういう感じでしたね。オトトキのプロモーションだけはちょっと次元の違うところにあって、でもあれはあれでレッドカーペットの上を歩くというとても貴重な経験をさせて頂きましたが、その他のドラムを叩く活動は常に延長線上にドーム3公演がある感じ。年末に向けてフィジカル的な事をじっくりと作り上げてました。って言ってももうウェイトを使ったハードトレーニングは全くしてないんですけど、もっと地味でもっと効果のある感じですかね。

前回もお話ししました今年始めた新しいトレーニングはもちろん今後の為なんですが、やはり今回のドームである程度の結果を出す事をまずは念頭に置いて始めました。あまり細かくは話せませんが、正直なところこの年齢になると色々な不具合が出てくるものなんです。ですが、その自分のウィークポイントをここまで的確に指摘して修正してくれるモノはなかなかありません、っていうか殆ど無いです。。こちらは今後も継続して続けていきたいと思ってます。本当に地味な動きなんですけどもの凄い効果があります。ほぐしはこの世のものとは思えないほど痛いですけどね…川ToT川

その他、グルテンフリーなんかは昨年のアリーナツアーからやってましたけど、交感神経が優位になるのを極力抑えるために今回はカフェインフリーも夏の終わりから始めたりなんかして。THE YELLOW MONKEYが活動休止して以来、15年間以上毎朝ずっと豆を挽いて淹れていた珈琲をあっさりやめました。出先で頂くお茶も飲めませんし、普段から甘い飲み物は飲まないので、そうすると世の中にはあまり飲めるものが無いんですけどねぇ〜。ずっと水と麦茶ばっかり飲んでましたよ。今年の終盤にはバンド内でも空前の「お白湯ブーム」が起きまして、昨今は朝から晩までお湯ばっかり飲んでました。あ、そうそう、アルコールも1ヶ月半抜いたんで今はめちゃめちゃクリーンですよ。
ただ、酒だけは、、、今後も飲むでしょうねぇ〜。

以前はメンタルの要素がフィジカルに影響を与える事がほとんどでしたが、最近はフィジカル的な要素をコントロールしてメンタルを調整することも学習しまして、お陰様で12月はある程度安定したパフォーマンスで望む事が出来たのではないかと、個人的には結構満足しております。どうですかね?

2001年の初ドーム公演時もキチッと100%の準備をして臨んだので変な緊張は無かったんですが、っていうか2000年前後の当時の精神状態をあまり覚えてないんですけれどね…。今回は活動休止するわけでもありませんし、出来る準備はまた出来るだけやって臨みましたので、本当に心の底から楽しめるライブになりましたね。1日目の途中からはもうこちらが楽しすぎて申し訳ないくらいでしたよ。メカラウロコなんかはもうずっと。。。オーディエンスよりもやっている本人達の方が楽しんじゃうっていうね。。。
あぁ、そういえば2001年の時は半年間アルコール抜いたんだっけかな?

東京ドームは会場としてはもちろん凄く大きいハコなのですけれど、なんかもう、ちょっと大きめなアリーナみたいに見えちゃってました。昔からライブをやる際はその会場の空間を自分達のエネルギーで埋め尽くすつもりでやっていましたが、そういう意味でも今回のドーム公演はしっかりとした手応えを感じてます。自分の精神状態がどうのというよりは今現在のTHE YELLOW MONKEYというバンドが持っているポテンシャルがかなり巨大なものになっているのだと思います。



2018年以降はさらに攻め込み感のある活動が出来るんじゃないかな?なんて思っちょりますです、はい。
まあ、来年の上半期もひっそりと水面下の下(笑)で活動すると思いますが、下半期にはまた皆さんにお会いできるかと思いますので、その時はまた是非よろしくお願い致します。


そういえば今年は1枚も写真を上げてませんでしたね…。
まあ、ブログ更新もしてないので仕方ありませんけど…、
普段からTHE YELLOW MONKEYのベースの人みたいに自撮りをする習慣がありませんもので…(苦笑)、
FCツアー中のこんな写真しかありませんけど、、、

皆様もくれぐれもお体に気をつけてお過ごし下さいませ。
それではよいお年をお迎え下さい。。。

2017-12-31 15:57:09投稿者 : 菊地 英二

ありがとうございます。

ここ数日はだいぶ涼しいですけれども、タンクトップを着ていても白い目で見られなくなってきた今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか?
本当にご無沙汰しております。お久し振りです(笑)

あ、いえいえ、、、

改めまして、明けましておめでとうございます(爆)


色々と各所で私の誕生日をお祝いして下さったみたいで、本当にありがとうございます。
誕生日前後の数日は都内某所でセッションなどをして、元気にドラムを叩いておりましたよ。
そこでもお祝いして頂きました。ありがとうございました。

これくらいの歳になりますと正直「歳が1つ増える」事自体は単純に喜べなくなってきましたけど、元気に無事で歳を重ねる事が出来るのが嬉しいと思う様になってきました。
とにかく50歳まで大病もせずに元気でやってこれた事、これからもドラムを叩き続けられる事、そしてそんな50歳の誕生日を迎えられて、そしてそれを皆さんが祝ってくれる事、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。

なんか言ってる事がお爺ちゃんみたいになってきましたね…。
川‾᷄⌂‾᷅川


実は今年に入ってからプライベートでも生活が少し変わる部分があったり、
新しいトレーニングを始めてドラムプレイが変化したり、
(先日発売された新録のアルバムでも片鱗がご確認いただけると思います)
まあまあ、いろいろな事がありますけれど、
今年は年末にドーム公演がありますのでそこに照準を合わせつつ、
少しづつ調整していきつつ、水面下でこっそりと着実に活動していきます。

どうやら、私は今年の運気がメンバー内で4位だそうですので、
今年は気を引き締めていきたいと思います(笑)

あ、そうか、、、だからか、、、

先日、1日の内に仕事用とプライベート用のパソコン2台ともが同時に飛んだりして…(泣)

先週、新しいパソコンが届いて、一昨日のセッションが終わって、昨日の晩にようやくデータ移行終わったところです。
ちょっと遅れちゃってすみませんでした。
あ、なんか言い訳ぽくなっちゃったっ(笑)

ええっ…?、誰も待ってないって…?


でも、考え様によっては期せずして新しいパソコンで気分良くこうしてブログアップ出来たのだから、あながち悪くも無いですね。というよりは、新品サイコーですわ。ストレスフリー
川˃̶᷄ʖ̫˂̶᷅川


こんな私ですが、あと50年もよろしくお願いいたします。。。

2017-06-08 15:13:32投稿者 : 菊地 英二

今年一年 お世話になりました。



皆様、大変お久しぶりでございます。
もはや誰もブログ更新を待っていないんじゃないか?と、思われる程のこの私のページですが(苦笑)、バンド本体の勢いのある活動とは裏腹にひっそりとでも更新していこうと思ってます。
(今回はロビンのサイト管理の方に「いい加減に更新して下さい」と言われたらしいです、笑)

今年一年は私の人生にとって決して忘れる事の出来ない年になりました。

再集結の発表に始まり、アリーナツアーのリハーサルに入り、
バンドのグル−ヴを再構築して本番に望み、
初日の代々木で忘れられない興奮を覚えて、
アリーナツアーで皆さんの顔を見ながら元気を貰い、
そしてさらにバンドもパワーアップして、
フェスでも温かく迎えられ、ドラマ主題歌のお話も頂き、
アリーナツアーで廻れなかった土地をホールツアーで周り、
こうして無事に年末を迎えることが出来まして、
本当に充実し、喜びに満ちた一年になりました。

ありがとうございました。

会場に足を運んで下さった全ての皆様、私達の音を楽しんで下さった全ての方々、スタッフの皆様に感謝致します。


個人的には喜んでばかり居られない状況もありましたが、それを上回って余りある程の感動と感激を喜びを頂きました。
本当にありがとうございました。


今年は再集結と言うお祭りモードもあるでしょうし、それ故に非常にウェルカムな雰囲気で迎えて頂いた部分もあるでしょう。来年からはより一層気を引き締めて制作活動、ライブ活動に勤しみたいと思います。
お陰様でバンドも以前と形は違えど、20世紀の勢いがあった頃のグルーヴを超える程の確固とした揺るぎないものを掴みつつあります。

2017年も何卒、宜しくお願い致します。


今年最後の今夜のパフォーマンスは一年の締め括りに相応しいものにしたいと思っております。


それでは皆様、良い年をお迎え下さい。。。

(某音楽番組で頂いたものです)

2016-12-31 15:13:19投稿者 : 菊地 英二