EIJI KIKUCHI official website

PEACE-MAKER

これからもよろしくお願いします。。。

皆様、大変ご無沙汰しております。

はい。

分かっております。
分かっておりますとも…っ…。

私自身は沢山の方々からお叱りを受けて重々承知の助でしたが、
ロビンがファンの方から怒られた と言うのを聞きまして、
さすがに「こりゃマズい!」と思い、久々のブログ更新に至ります。

あまりにも久々過ぎまして、このHPのログイン パスワードを忘れてました…(^o^;)

このHPを管理してくれているマネージャーGにパスワードの再発行を頼んだら、
まんまと自分(G)の名前と誕生日のパスワードにされそうになりました…。
きっと自分の誕生日を私の潜在意識に刷り込もうという魂胆だったのでしょう。
そうはさせまいとPCのキーチェーンからなんとかパスワードを見つける事に成功し、事なきを得ましたが (^^)v



皆様もご存知の様に、5月11日ついに THE YELLOW MONKEY の15年振りのライブツアーが始まりました。

それまでの事の色々、それからの事も色々、、、
ここには語り尽くせない程の濃密な時間を過ごしてきました。

お陰様で今は人生の中でも最上級に充実した日々を過ごさせて頂いてます。

再びこのバンドを始めるにあたってのそれにまつわるメンタル面とか、ライブをする為の物理的な細かい事とか、そういったモノをここで自分の言葉で説明するのは実はとっても苦手です。雑誌やラジオやインタビュー等でお話ししていく事もあるでしょうから、興味のある方はそちらをご確認ください。

ただ、誤解を恐れずに簡単な一言で言わせて頂くならば、
大きな責任感を感じつつも今は最高に「幸せ」です。

今回、再び THE YELLOW MONKEY を始めるに際に大勢の方々から「おめでとう」という言葉を頂きました。
こっちが勝手に休止して、勝手に解散して、そして勝手にまた始めた事に対して「おめでとう」と言われるのは、正直なところ最初の頃は少々くすぐったくもあり、小っ恥ずかしくもあり、若干の違和感を感じるくらい なんだか不思議な感覚でした。
ですが、既に代々木そして長野とライブを終えた今は、何故だかある程度素直に受け止める事が出来ます。

私からは皆様に「このバンドをもう一度受け入れてくれて本当にありがとう」とお伝えしたいです。

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOURはこの後もまだまだ続きます。
沢山のステキなロックンロールな曲達とサイコーのグルーヴでお待ちしておりますので、是非遊びにきて下さいね。


写真は代々木初日の本番直前の写真です。
良くこんな余裕があったもんですね。我ながら関心々々。。。



ブログ管理の方からお知らせのメールが来たからという方も勿論いらっしゃるでしょうが、今日このブログに遊びに来て下さった方々は私の誕生日を覚えて下さっていたと思ってます。ありがとうございます。

昨日、とあるインタビュー撮影のスタッフに早速お祝いして頂きました。幸せな事です。


こんな私ですが、皆様 これからも末永くヨロ49です。。。

次回は来年の誕生日に更新予定です(←笑えない)

2016-06-06 12:00:00投稿者 : 菊地 英二

ご報告

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

そして、大変お久しぶりです。
ブログ更新が滞った事をお詫び申し上げます。


既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
この度、THE YELLOW MONKEYのメンバーの一員として活動する事になりました。

THE YELLOW MONKEYは私が最も愛して止まないバンドです。
感じている事、思いの丈は山ほどありますが、
それはまた改めまして追ってご報告させて頂きます。

本年も菊地英二、そしてTHE YELLOW MONKEYを何卒宜しくお願い申し上げます。


2016-01-08 21:11:26投稿者 : 菊地 英二

ありがとうございます!

そりゃあ、キツツキなんかに勝てる訳がないですよねぇ…。
彼らはそれに特化すべく進化して来た訳ですからね…。
それにしても18回/秒は凄い! 片手のみのシングルストロークで18回と同じ事ですからね!驚愕!
生身の人間でこれを超える人は居ないでしょうね…。

ただ実は、今回の私のように両手を使えば、もう少しスピードが出る方はドラマー界には存在します。
ドラミングの早打ちといえば、何年か前の つのださんのサマードラムスクールを思い出します。
当時、マイク・マンジーニがシングルストローク世界1を記録して、1分間に何打打てるかというのがちょっと流行りまして、サマースクールに計測器を持ち込んで皆で測りまくりました。皆さん、測る、測る!!(笑)当時、俺は1分間に600〜700打くらいでしたかね?他のドラマーもまあ大体そんなもんでした。意外と1分間の高速連打ってキツいんですよね…。ちなみに世界一のマイク・マンジーニさんは1200打(!)でした。破格ですね(苦笑)
んで、サマードラムスクールに特別セミナーでやって来たマイク・マンジーニさんに、つのださんが「やってみて!」ってお願いしたら、その高速連打用にはしばらく(一ヶ月くらいって言ったかな?)練習しないとそのスピードは出ないから、という理由で見事に断られました…(苦笑)まあ、それだけ大変な事だって事ですよね。
1分間に1200打ってことは、20回/秒ってことですね。キツツキに勝ってる!世界一って、やっぱすげぇ〜!! あ、でも世界一のキツツキはもっと速いかも知れませんしね、それは分かりませんよね…?

実は収録で叩き終わった瞬間に大体の数字は分かっちゃってたんですよね。一応、私もミュージシャンの端くれなんで(苦笑) まあでも、シングルストロークで16回/秒もなかなかの数字だと思いますよ。ミュージシャンなら分かると思いますけど、テンポ♩=120で32分音符、倍でリズム取るならテンポ♩=240で16分音符と同じか、もしくはテンポ♩=160で6連譜ですからね。結構イケてるんじゃないでしょうか?全盛期のクライブ・バー(初期IRON MAIDENのドラマー)くらいのスピードは出てるんじゃないでしょうかね?(^^)v
自分的にはバディ・リッチがドラムソロの最後で畳み掛ける高速シングルストロークのイメージだったんですけどねぇ…。まあ、一般的なドラマーの限界には近いと思いますよ。昨今の超絶ブラスターには敵いませんけど…。

今回、前日がライブな上に、早朝ロケという事もあってちゃんとスピードが出るかも分かりませんでしたし、結構、大変でしたけど、高速カメラで撮影してもらって自分で見るという事は普段なかなか出来ませんので、とても楽しい収録でした。はんにゃのお二人もスタッフの皆さんも凄く良くして頂いて本当に楽しかったです。ありがとうございました!!!


昨日今日、ここを覗いて下さった皆さんは私の誕生日を覚えていて下さった訳ですね。ありがとうございます。
ご無沙汰しておりますけど、私、かなり元気でやっております(笑)。以前よりも音がデカくなってますし、結構、調子も良いみたいですね。今年に入ってからはセッション(特にYOUさんもの)をメインに演奏しております。個人的にはいろいろ考え直す時期でもありますので、長い目で見てやって下さい…(苦笑) YOUさんの方は今後も定期的にやっていきます。最近、4分の5拍子だけでなく、8分の5拍子が気持ち良く感じられるようになってしまい、ちょっと変態男に感化させられてます…。


(2014/04/19@Shibuya Star Lounge ひろせごういち楽屋にて)

それにしても、、、
ドラミングって求愛行動だったんですね…(苦笑)
ってことは、俺は常に求愛しているのか…?

ではでは(^^)/


2014-06-07 12:55:23投稿者 : 菊地 英二